岡野聡子ギター教室 クラシックギターや日々のこと
7月のワクータギター講座


今日は、横浜のカフェギャラリーワクータさんでギター講座でした。5ポジションのドレミの練習の後、皆で簡単なアンサンブルの練習をしました。そして、お一人ずつ、来年の発表会に向けてのソロやデュオ曲のワンポイントアドバイスをさせていただきました。
ティータイムは、田中さんが作ってくださったシフォンケーキwithブラックベリー、とても美味しかったです。
今日は、お店に素敵なイヤリングがたくさん並んでいました。Aさんの作品、私も一つ購入してきました。最近、全くアクセサリーをしていなかったので、たまには、お洒落しないとですね。
22:38 - - trackbacks(0)
レッスンその2


昨日、アルトフィールド音楽教室のブログを更新しました。お孫ちゃん登場?ではなくて、かわいい生徒さんです^_^
下記をクリックしてネ↓
アルトフィールド音楽教室ブログ
11:53 - - trackbacks(0)
レッスン


今日は、横浜のレッスン日でした。2週間レッスンがお休みだったので、子供達、とくに幼稚園、小学低学年さん達、練習してたかな〜と心配でしたが、皆、しっかりやってきていました。
ジュンちゃんは、もうすぐ村治先生の「おもしろギター」終了ですね〜。次の教本を一人で予習してきて、先生は、びっくりです!上手になりますよ〜。アルトフィールドのTちゃんもドレミを読めるようになっていました。素晴らしいです^_^
明日から、というか今日から練馬教室のレッスンです。
皆さん、頑張りましょう^_^
01:34 - - trackbacks(0)
Danke!


今回のツアーは、Yさん宅に何度もお世話になりました。近くにスーパーがあり、パン、チーズ、ハム、野菜を買って、ドイツ夜ご飯を楽しませていただきました。


こちらは、シュピルマンさん宅。納屋の後ろに大きなリンゴの木があります。

一度にたくさん採れるので、乾燥させて食べたり、ジュースにしたり、ジャムにしたり。先日アップしたさくらんぼの木の他、広いお庭で野菜も栽培していらっしゃいました。

とてもシンプルな乾燥リンゴ。リンゴの風味が凝縮されていて美味しかったです。

そしてドイツの夜ご飯。

旅の最後に、お世話になったYさんとシュピルマンさんに感謝の気持ちを込めて、お礼の会を開きました。
場所は、ゲーテが泊まったHotel Goldener Karpfen(黄金の鯉亭)のレストラン。

フルダの伝統のホテル。

Nさんが、練馬の西友で見つけたという、折るとドイツの国旗になる折り鶴をプレゼント、とても喜んでいらっしゃいました。

小ランチは、少しボリュームがありましたが、美味しかったですよ。皆さんも
フルダに行ったら、是非行ってみてくださいね。

ということで、今回のドイツ発表会ツアーが終了しました。ご参加くださった生徒の皆さんお疲れ様でした。そしてYさん、Yさんの奥様、シュピルマンさんご夫妻に感謝申し上げます。東西の国境に連れて行ってくださったことも一生忘れないでいたいと思います。

ありがとうございました。

番外編
ソーセージ屋さんの前にて。

こんな写真を撮りたかった。荷物多すぎですね。
すると、ソーセージ屋さんの奥様が、「うちの娘、格闘技の大会で日本に行ったことあるのよ〜」と写真を見せてくれました^_^







13:33 - - trackbacks(0)
バロックの街フルダ


フランクフルトから電車で1時間程のフルダの町は、駅から歩いて数分の場所に、宮殿や教会、バロック建築がたくさんありました。

フルダ市宮殿

鏡の間

大聖堂

大聖堂の隣にある、ミヒャエル教会。
その他、発表会を行ったフォンデラウ博物館、打ち上げをしたオランジェリー、ベネディクト女子修道院。石畳の道、人々の憩いのオープンカフェ。美しい街でした。

12:59 - - trackbacks(0)
麦畑を越えて


車で町を出ると、果てしなく麦畑が続いていました。パンとビールの国ならでは風景ですね。
麦畑を越えて、アイゼナハへ行きました。バッハの生まれた町は、とても静かな所でした。

バッハハウス、当時の暮らしの調度品や古楽器がたくさん展示されていました。古楽器演奏タイム。

シュピルマンさんがチェンバーオルガンのふいごの足踏み役に^_^
テオルボも飾られていました。

隣のモダンな新館では、自筆譜を見たり、バッハの代表作をゆったりと聞くことができました。Fさん、何の曲を聴いているのかな。


バッハハウスの後は、バッハが洗礼を受けたゲオルグ教会へ行き、ルターの家の前を通りました。
ランチは、古城BerlepschのSchlob Kellerという地下レストランにて。

カツは、あまり得意ではないのですが、食べてみました。シュニッツェル、絶妙の美味しさでした。値段は、どこのお城も宮殿も、1000円〜1800円くらいでした。

11:17 - - trackbacks(0)
モーレンハウエルリコーダー製作所見学


ドイツから無事帰国しました。発表会が終わり、いくつか訪ねた所があるので、ブログに書いておきたいと思います。
リコーダーのモーレンハウエル社の製作所(要予約)を見学しました。滞在したフルダの町にありました。
入口を入るとすぐにたくさんの種類のリコーダーが並んでいました。まずは、皆で試してみましょうということで、ソプラノから大きなバスリコーダーまでを吹いてみました。プラスチックのリコーダーとは、全く違う優しい音色です。

そして、工場内へ。
材料は、PearwoodやRosewood、OliveやMaple様々で、ギターと同じように、何年も倉庫で寝かせるそうです。そして削り、形を作っていく。工程のいくつかアップしますね。

ここは、塗装して磨くところ。

すべすべに。

こちらは、細かい部品の取り付け。

最後に音程や音色の調整室へ。

Vera Jahnさん、少し吹いてくださったのですが、いい音でした!演奏家でもいらっしゃるようです。youtubeを探したら動画がありましたよ。
モーレンハウエル社のリコーダー演奏1
モーレンハウエル社のリコーダー演奏2

いい音ですね〜。
リコーダー製作所見学、とても勉強になりましたね。


そしてお昼ご飯は、MelsungenのRatskellerというレストランへ

取り分けで、大きなグリルプレートなどを食べました。美味しかったですね。

日没が夜10時、ホテルからの景色です。


23:56 - - trackbacks(0)
ドイツで発表会3


今日は、フルダ市の中心部にある、「フォンデラウ博物館カペレ」にて発表会を行いました。

皆さん、素敵な演奏でした〜。昨日のシュリッツでのリハーサルが、とてもいい練習になったのだと思います。ドレスアップしたので、写真撮影会にかなり時間をかけましたネ^_^
そして、皆さんの発表会の後、私もミニコンサートをさせていただきました。

本当に素敵な教会でした。
リハーサルの写真も載せますね。

そして、打ち上げは、市宮殿の奥にあるマリティムホテルのオランジェリーで行いました。昨日投稿した室内の宮殿レストランは、朝食だけなのだそうです。ガーデンで乾杯。

ドイツは、ビールが美味しいですね!お疲れ様でした〜。
今日は、金曜日なので、街中のオープンカフェも、とても賑わっていましたよ。

打ち上げまでの間、少し時間があったので、Yさんに町案内していただきました。丘の上にあるフランシスコ会フラウェンベルグ修道院。教会の横にあるお墓に、私の実家の近く東久留米の聖グレゴリオの家の創立者ゲレオン・ゴルドマン神父のお墓がありました。フルダ出身の神父さんなのですね。













22:53 - - trackbacks(0)
ドイツで発表会2


今日は、フルダから車で30分くらいの所にあるシュリッツという町へ出かけました。
シュピルマンさんに予約していただいたのは、町の広大な敷地の中にある”Lands Musik Akademie Hessen”という音大のホールでした。

中に入っていくと、サマーセミナーで外国から来た若い音楽留学生がたくさんいました。ロビーに貼り紙がありましたが、何が書いてあるのかわからないです。

学校の職員の方が親切に教えてくださって、練習会場へ。

素敵なお部屋でした。そして練習開始です。

私も弾きました。

最後にギターの歴史などもお話しさせていただきました。
皆さん、参考になりましたでしょうか。

小鳥のさえずりに包まれたドイツの町での練習会でした。
明日は、いよいよ発表会です。
発表会の後の打ち上げ会場は、こちらです。また明日アップしますね。


22:13 - - trackbacks(0)
ドイツで発表会1


ドイツのフルダに到着しました。
今日は、教室に通ってくださっているYさんのご友人シュピルマンさん宅をお訪ねしました。

ドイツのお家、素敵なリビングですね。

そして、お庭で果実酒をいただきました。

カシス、クロスグリ、クランベリー、ブルーベリー、いま季節なのだそうです。

そして、奥様がお庭のさくらんぼを使って作ってくださった、「黒い森のケーキ」は、ドイツの伝統菓子なのだそうです。美味しかったですよ〜。


車から見る景色は、のどかな麦畑が広がっていました。
明日は、シュリッツというところにある音大でギターの練習会をします。



21:14 - - trackbacks(0)
1/67PAGES >>